謎の外国人美少女に募金した話

    この記事は5分で読めます

    今回は、数年前に、
    僕があるセミナーに参加するために、
    東京へ行った時の待ち時間に起きた出来事について、話そうと思います。

    「今思うと、アレってけっこう面白い出来事だったなー」
    とふと思い出したので、話してみようかなと。

    まあ今回は、
    僕のちょっとヘンテコな小話をするだけなので、
    役に立つかというと、よくわかりませんが(苦笑)

    とにかく気楽に読んでくれれば、
    それでオッケーです。

    なんかノリで小説風に書いてみました。

    書いてて、すぐに悟ったけど、
    自分の表現力の乏しさ…

    小説家はやっぱりすごい。

    でも、落ち込んでもしゃーないので、
    本題にいきましょうか…

    人生初の逆ナン?

    それは、僕が新宿駅に初めて降り立った日のことだった。

    とにかく人がいっぱいいる。

    人ごみが苦手な僕にとって、
    いたたまれない空間だ。

    あと、みんな服装がスゴイ(苦笑)

    とにかく「スゴイ」としか言いようがない。

    僕の稚拙な語彙力では、このスゴさを表現するのは無理だ。

    北海道の地方に住んでる僕にとって、
    ここにいる人たちは別世界の存在に感じた。

    ふつうの服を着ているはずの自分が、なぜかここでは場違いな気がする…
    それも気まずさを感じた要因の一つかもしれない。

     

    セミナーの参加まで、30分くらい時間があったので、
    どこで時間を潰そうかと辺りを見回した。

    どこもかしこも人がたくさんいて、
    落ち着けそうな場所は無かった。

    駅の周辺を少しだけ歩いてみたが、
    良さそうな場所は無く、駅前で人間観察でもしながら
    時間を潰すことを決めた。

     

    奇抜な格好をした若者を見つけては、
    それをただただぼーっと眺めるのを繰り返していると、
    突然、僕の目の前に、一人の女の子が現れた

    ふと顔を見てみると、外国人だった。

    どこの国かはまったくわからなかったが、
    東南アジア系だということだけは、わかった。

    年は10代後半~20代前半くらいだろう。

    おまけになかなかの美人だった。

    そんな彼女が一言も喋らず、じっとこっちを見てきた。

     

    この当時の僕は、コミュ障全盛期で、
    長きに渡る引きこもり生活から抜け出そうと、
    外に出て、自分を変えるキッカケを模索し始めた時だった。

    人と話すだけでも、吐きそうになるくらい緊張してしまうのに、
    なんかいきなり見知らぬ外国人美少女にからまれてしまった。

    「あー、俺ってツイてないなー…」

    と、ふつうなら思うだろう。

     

    でも、僕は引きこもっている間に、
    冴えない男子高校生が、なぜかたくさんの美少女にかこまれて、
    やれやれと言いつつも、高校生活をエンジョイしてるアニメ
    を延々と見続けていたせいか、頭の中は割りとポジティブで、

    「おっ!コレがいわゆる逆ナンってヤツなのか!?
    俺にもこんなチャンスが巡ってきたのか?」

    と若干喜んでいる自分がいた(苦笑)

    外国人美少女は「アレ」をせがんできた

    しかし、そんな淡い期待は、
    一瞬で消え去ってしまった。

    彼女は、何も言わず、手に持っていた紙を見せてきた。

    僕もコミュ障だから、「なんか話せよ」とかよく言われるけど、
    相手が何も話さないと、とても不安になる。

    僕は周りの人をこんな気分にさせてたのか…
    と思うと、胸がギュッと締め付けられた気分がした。

     

    紙には、氏名や金額が書かれていた。

    どうやら何かの募金のようだ。

    「あー、ですよねー…
    僕に限って、逆ナンとかマジでありえないですよねー…」

    自分が冴えない男だというのを一瞬でも忘れて、
    ぬか喜びしてしまった自分が恥ずかしい。

    僕の頭の中の辞書から「逆ナン」とう文字が、
    完全に抹消された記念日になってしまった。

     

    それはさておき、
    僕が驚愕したのは、募金額の高さだ。

    「500円」「1000円」となぜか妙に金額が高い。
    中には「3000円」というのも目にした。

    僕の中では、募金というものは、
    10円とか100円ぐらいの小銭を寄付するものだと思っていた。

     

    冷静に考えたら、この時点ですでにおかしいのだけれど、
    世間をしらない僕は、

    「世の中には、こんなに気前良く募金する人がいるんだな~!」

    と感心してしまっていた。

    今思うと、この時の自分のピュアさには脱帽してしまう。
    (イヤ、ただの世間知らずのバカだw)

     

    外国人美少女は何も言わず紙を見せ、
    僕の顔をそのキレイな瞳でずっと見つめてくる。

    僕は体中から汗が吹き出ていた。
    着ていたTシャツの背中がベタつくほどに。

    彼女の視線に耐えられなかった僕は、
    しぶしぶ1000円を彼女に渡した。

     

    ホントは100円くらいで済ませたかった。

    でも、みんなが1000円ぐらい払っている中、
    僕だけ「100円」と書かれるのは、
    プライドがなんか許さなかった。

    「彼女にセコいヤツと思われたくない!!」

    ただそれだけのことだ。

     

    お金を手渡すと、
    彼女は手を降って華麗に去っていった。

    僕もぎこちなく手を振り返した。

    このシーンだけ切り取れば、
    彼女とのデートの別れ際みたいで、
    素敵な一コマなのかもしれない。

    彼女は手に1000円札ヒラヒラさせてるけど…

     

    時間としては、ほんの数分の出来事だったけど、
    僕の中では、ものすごく長い時間に感じた。

    それだけ動揺していたんだろう。

    やっぱり東京ってコワい…

    ~fin~

    今になっては良い思い出です(笑)

    っていう、僕が詐欺にあった話でしたw

    この事件の後、調べたんですが、たぶんコレ↓
    (東京とか行く時は、ホント気をつけてね)

    主要駅に出没するフィリピン募金(詐欺)に気をつけよう

     

    あの子はフィリピン人だったのか!
    どこの国か気になってたからスッキリしたよー。

    きっと、僕の1000円も彼女のメシ代にでも
    消えたのでしょう…

     

    それはどーでもいいんですが(苦笑)、
    詐欺にあった時は、「うわー騙されたー!」
    ってめっちゃショックでした。

    それは当然の反応だし、仕方ないと思う。

     

    でもね、今思うと、実際に詐欺にあうとか、
    なかなかできない体験だったし、
    なんだかんだで良い思い出?になっています。

    こうしてブログのネタにもなったしw

    まあコレが何百万とかだったら、
    笑ってられないでしょうけど…

    ここからは、せっかくなので、
    この経験から勉強になったなーと思ったことについて、
    話していこうと思います。

    勉強になったことその1:計画的な戦略

    やり方が仕組み化されてて、
    ヒジョーにうまいと思いました。

    だって、

    チョロそうな僕をターゲットに選び

    何も喋らないことで不安を煽り

    ふつうありえないけど、でもはっきりとそうとも言えない絶妙な価格設定

    その場のイヤ~な空気から逃れたくて、お金を払ってしまう

    微妙な金額だし、相手の情報がまったくわかんないから泣き寝入り

    っていう、このムダの無い一連の流れw

    成功率上げるために、しっかりと作戦が練られている。
    かなり計算されてますよね。

    当時の僕みたいな押しに弱い人間には、
    断りづらいし、勢いでやられてしまう可能性が高いと思う。

    だから、こういう被害が完全にはなくならないのかなと。

     

    これ最初に考えた人、けっこう頭使ってんなーと思いました。

    「いや、その頭脳をもっと良い方向に使えよ!」
    って話ですけど…

     

    たぶんこの人がビジネスすれば、きっと稼げるのになーとも思う。

    いろいろ考えるのかも得意そうだし。

    そのほうがきっと儲かるし、みんなも喜んでくれるよ、と言いたい。

    勉強になったことその2:逞しいメンタル

    2つ目は、彼女たちのメンタルの強さ

    あんな若いのに、
    平然のように詐欺をやってのけるあの強靭な精神力。

    これは素直にすごいと思ってしまった。

    やってることはまったく褒められたもんじゃないけど(苦笑)、
    なりふり構わずガンガン攻める姿勢は評価したい。

     

    目的を達成するための執念というか、図太さというか。

    普通だったら途中で挫折しちゃうと思うんですよ。

    何度断られても、次へ次へとめげずに動き続けてる。

    それで続けてたら、僕みたいなカモが見つかると…(´Д`)

     

    僕はもともと、ちょっとでもうまくいかないと、
    すぐに放り投げてしまう性格だったし、
    執念深さは未だにぜんぜん無いから、
    メンタル的な部分は、見習う部分もあったなと。

    あっ、くれぐれも、やってることは
    絶対に参考にしちゃダメですからね(苦笑)

     

    コレに関しても、「もっと別のところで活かせよ…」
    としか言えないけど。

    あんだけの図太さがあれば、
    たいていのことできると思うんだけどなー。

     

    っていうのが、僕が学んだことです。

    1000円が授業料だと思えば、
    滅多にできない体験ができたし、
    あの女の子にはありがとうと言いたい。

    まあ1回で十分だけどw

     

    読んでいただき、ありがとうございました。

    ______________________________________________________________________________

    僕はアフィリエイトで月収40万を稼ぎ、
    自由な時間も得ることができましたが、
    もともとはただのコミュ障ニートです。

    仕事もできなかったし、コミュニケーションもすごく苦手でした。

    そんな何をやってもダメダメだった僕が、
    なぜネットビジネスで稼げるようになったのか?

    メルマガではそのヒミツをより詳しくお伝えしています。

    詳細については下の画像をクリック↓

    merumaga

    関連記事

    1. この記事へのコメントはありません。

    1. この記事へのトラックバックはありません。

    プロフィール

    prof1

    Author:だいき

    二次元・ファッションをこよなく愛する元ニート。そして重度のコミュ障(今はだいぶマシになった)。

    • 高校時代に友達0人のぼっちライフを満喫
    • 大学の卒業研究を二度ほどバックレる
    • 就職活動は全落ち(そもそもやる気ない)
    • 仕事での人間関係に病んでニートになる

    などなど、典型的ダメ人間エピソード多数。

    あまりに社会不適合過ぎたので、まともに働くことはあきらめ、超アヤシイと思いつつも、生きるための選択肢が他に無かったのでアフィリエイトに挑戦。

    数々の挫折を経験しながらも、約1年半後に月20万円稼ぐことに成功。

    今は自分の学んできた経験や知識を活かし、自己成長しながら自分の人生を自由に生きる仲間を作るための活動中。

    詳しいプロフィールと理念についてはコチラ↓

    だいきのプロフィール&理念

    だいきのぶっちゃけ人生レポート

    僕の残念人生を振り返りながら、ネットビジネスで稼ぐまでの道のりをレポートにしてみました。

    コレを読めば、僕の人となりとか成功の秘訣とかがほぼ全てわかるかと。

    jinseigyakutenrepo

    おすすめ教材

    osusumekyouzai

    初心者講座

    「アフィリエイトやってみたいけど、何からやったらいいかわからん…」という場合は、まずコチラをどうぞ。

    syosinsyakouza

    おすすめ漫画

    僕の好きなマンガまとめました。

    よかったら読んでみてください。

    comic

    Blog Ranking

    LINE@

    友だち追加数

    Twitter

    お問い合わせ

    質問・相談などあればこちらから↓

    mail