本気になれない2つの理由

    この記事は4分で読めます

    battle

    今回のテーマは「本気」について。

    仕事・恋愛・趣味、なんでもいいですが、
    あなたは本気で何か取り組んでますか?

    「本気になれるもんなんてない…」
    という人もいるでしょう。

    むしろ、こういう人の方が多いんじゃないかな?

    僕も学生時代は、

    「俺は何やるにしても、本気になれないんだよなー…
    でも本気出したら、スゴイんだろうけどw」

    とマンガの主人公的な秘められし力があるもんだと、
    思ってたイタい時期がありました(苦笑)

    本気出さない俺カッコイイみたいなね…

    もちろんそんな力は何も無かったですけどw

    でも結局やんないなら意味ないですよねー。

    こんな昔の僕みたいになりたくないなら、
    今回の記事を読んでおいたほうがいいですよ。

    黒澤明の映画「生きる」にヒントがある

    この理由について考えるのに、
    とても良い題材となる映画があります。

    それが黒澤明監督の「生きる」という映画です。
    (今回の内容の理解も深まるので、
    できれば、映画の方も見ることをオススメします)

     

    この映画は、市役所で働いている主人公のおっちゃんが、
    胃ガンになったことで、自分の人生について問う作品です。

    主人公は、ガンになるまで、
    自分に与えられた雑務をこなすだけで、
    ほぼ惰性で生きてるような状態。

    でも、そんな彼が胃ガンになってしまい、
    「今までの俺の人生は何だったんだ…!?」
    と自問自答するわけですね。

    そこから、初めて会社をサボって
    夜遊びしてみるけど、なんか虚しい…

     

    その後、会社の同僚の若い女性と街でたまたま出会い、
    彼女と職場以外での交流が始まります。

    彼女の若さ溢れるポジティブな生き様に触れ、
    主人公もこんな風に生きてみたい、と思うようになるんですね。

    ついに、主人公は彼女に胃ガンのことを打ち明け、
    これからどうしよう…と相談するんですが、彼女が
    「何か作ってみたら?」と答えます。

    この一言がきっかけとなり、
    主人公はほったらかしにされていた公園を作る
    という仕事を完遂させ、その一生を終える…というお話です。

     

    今回重要なのは、
    主人公が亡くなった後に、葬儀のシーンがあるのですが、
    ここがポイントとなります。

    葬儀には、同じ市役所で働いてた職員たちも
    参加してたのですが、彼らも主人公と同じ様に、
    面倒事は避け、自分に与えられた最小限の仕事を
    こなしているだけだったんですね。

    でも、主人公の激変ぶりに感化され、
    「俺たちもやってやるぞー!!」
    みたいな感じで、盛り上がるんですよ。

    で、葬儀の翌日、
    またいつも通り、面倒な仕事は他のところにたらい回す、
    いつもと変わらない通常営業へ…

    というオチまでついてるんです(苦笑)

    この話に本気になれない根本的な理由となる
    ヒントが散りばめられています。

    本気になれない2大理由

    それが、

    • 当事者意識
    • 痛み・恐怖感

    という2点。

    1.当事者としての自覚が薄い

    まず、当事者意識

    これすごく重要です。

    映画「生きる」では、
    職場の同僚が命をかけて、1つの仕事をやり遂げた。

    この姿に触発され、一瞬やる気は出たけど、
    結局いつもと変わらない。

    身近な人の死に触れることで、
    「自分の命もいつまで続くかわからない、
    だから一生懸命生きよう!」と思うワケです。

    でも心の片隅では、
    「自分はそんなすぐ死なないだろー」
    っていう謎の自信もある。

    まだ職場の同僚たちにとっては、
    死が自分にも迫っている、という意識が希薄なんですね。

     

    要は「他人事」の段階を抜け出せていない

    だからこそ、まだいっかー的なノリで、
    いつもとかわらない日常を送ってしまうんです。

    しかし、彼らも自分がガンとかになったら、
    必死に生きるはず。

    もう自分の命が短いことを悟ってしまったから。

     

    僕も今の仕事をマジメにやらないと!って思ったのは、
    父から「働かないなら、ここで働かせるぞ!」
    って言われて、住み込みの求人情報見せられた時でした。

    僕は北海道に住んでるのに、
    勤務先が関東の方だったので、ニートだった僕は
    「いきなり何言ってんだコイツは!?」って感じでしたね(苦笑)

    しかも、仕事内容が父が車の整備士やってるんですが、
    だからなのか、同じ整備の仕事でした。

    でも、僕は車とかぜんぜんキョーミ無いし、
    大学もぜんぜん違う専攻だったし、
    なぜそんな安易なチョイスしたんだ?と…

    でも、それが本当にイヤで、
    自分でビジネスする覚悟を決めることができました。

    ある意味いいきっかけだったのかな?

    だから、当事者意識ってのは、マジで大事だと思いますよ。

    2.痛みや恐怖を体感する

    1番でも、すでにある程度話しちゃってますが、
    痛みや恐怖などの強い負の感情も、
    本気になるための大きな原動力になります。

    いつもカップラーメンやコンビニ弁当ばっか食べてた人が、
    大きな病気になったことで、健康にやたら気を使うようになった、
    なんて話はよくありますよね。

    人は何かを得ようとするより、
    何かを失いたくない時の方が力を発揮する
    ので、
    負の感情ってのは、強力なんですね。

     

    僕は高校時代ぼっちになり、
    大人になってニートになり、
    孤独という恐怖や痛みを直に味わったからこそ、
    今はコミュニケーションの勉強したり、
    人付き合いの大切さにも気づきました。

    それぐらいヤバい!って
    心の底から思うような経験を何度もするまで、
    人間関係とかどーでもいいと思ってましたから。

    他人事だと思ってたし、危機感も薄かった。

    僕は痛みにニブかったのかもしれませんが(苦笑)、
    たいていの人は1回経験すれば、十分痛感するんじゃないかと。

    みんな辛い思いは極力したくないと思います。

    僕も好き好んで嫌な思いはしたくありません。

    でも、今本気になりたことがあるなら、
    進んで辛い経験を味わうのは、特効薬になるはずです。

     

    例えば、今までぜんぜんモテなかったけど、
    恋人が欲しいから、街コン行ってみたけど、
    何もしゃべれず、惨敗したとかね。

    これでショック受けて立ち直れなくなったら
    元も子もないですが(苦笑)、そこは乗り越えていきましょう。

    ただ根性で乗り切れ、というのもアレなんで、
    失敗に対する対処法も紹介しておくので、
    こちらの記事も読んでみてください↓

    食戟のソーマに学ぶ「失敗」についての考え方

     

    今回は、本気になれない2つの理由
    というテーマで話してみました。

    要点をまとめると、

    • 当事者意識を強く持つ
    • 痛みや恐怖などの強烈な負の体験をする

    この2点になります。

    ぜひ本気で行動するための起爆剤として、
    役立ててみてください。

     

    読んでいただき、ありがとうございました。

    ______________________________________________________________________________

    僕はアフィリエイトで月収40万を稼ぎ、
    自由な時間も得ることができましたが、
    もともとはただのコミュ障ニートです。

    仕事もできなかったし、コミュニケーションもすごく苦手でした。

    そんな何をやってもダメダメだった僕が、
    なぜネットビジネスで稼げるようになったのか?

    メルマガではそのヒミツをより詳しくお伝えしています。

    詳細については下の画像をクリック↓

    merumaga

    関連記事

    1. この記事へのコメントはありません。

    1. この記事へのトラックバックはありません。

    プロフィール

    prof1

    Author:だいき

    二次元・ファッションをこよなく愛する元ニート。そして重度のコミュ障(今はだいぶマシになった)。

    • 高校時代に友達0人のぼっちライフを満喫
    • 大学の卒業研究を二度ほどバックレる
    • 就職活動は全落ち(そもそもやる気ない)
    • 仕事での人間関係に病んでニートになる

    などなど、典型的ダメ人間エピソード多数。

    あまりに社会不適合過ぎたので、まともに働くことはあきらめ、超アヤシイと思いつつも、生きるための選択肢が他に無かったのでアフィリエイトに挑戦。

    数々の挫折を経験しながらも、約1年半後に月20万円稼ぐことに成功。

    今は自分の学んできた経験や知識を活かし、自己成長しながら自分の人生を自由に生きる仲間を作るための活動中。

    詳しいプロフィールと理念についてはコチラ↓

    だいきのプロフィール&理念

    だいきのぶっちゃけ人生レポート

    僕の残念人生を振り返りながら、ネットビジネスで稼ぐまでの道のりをレポートにしてみました。

    コレを読めば、僕の人となりとか成功の秘訣とかがほぼ全てわかるかと。

    jinseigyakutenrepo

    おすすめ教材

    osusumekyouzai

    初心者講座

    「アフィリエイトやってみたいけど、何からやったらいいかわからん…」という場合は、まずコチラをどうぞ。

    syosinsyakouza

    おすすめ漫画

    僕の好きなマンガまとめました。

    よかったら読んでみてください。

    comic

    Blog Ranking

    LINE@

    友だち追加数

    Twitter

    お問い合わせ

    質問・相談などあればこちらから↓

    mail