おせっかいしてくれる人のありがたみ

    この記事は3分で読めます

    sewa

    先日、ある大学のオープンキャンパスに行ってきました。

    僕はもう28の社会人(一応?)です。

    そんな僕が、なぜオープンキャンパスに行ったかというと、
    別にまた大学行きたくなった、とかいう気持ちは一切なく、
    ただ内容がちょっと面白そうだったので、
    軽い気持ちで行っただけですけどw

    大学側からしたら、「何で来てんだよ!」
    って思ってたかもしれませんが…(苦笑)

     

    そこで、職員の方といろいろお話したのですが、
    その時、偶然にも、
    学生時代の僕そっくりな生徒の話が出たんですよ!

    いつも学校と家の往復するだけで、
    これといって何もすることが無い、っていうね。
    「まさに俺やん…」と思ってしまいました。

    でも、その子と僕の未来は正反対で、
    最終的には、ぜんぜん違う道を歩みます。

    僕の場合は、卒業するまで、
    一向に生活スタイルは変わらずw

    一方、その生徒は、
    かなりアクティブな人間になったようです。

     

    重要なターニングポイントになったのは、

    「おせっかいを焼いてくれる人」

    がいたかどうか。

    今回の話を聞いて、
    おせっかいって、実は大事なんだなーと思ったので、
    いろいろ話していこうかと。

    僕はニートになるまで誰にも干渉されてこなかった

    今思うと、「おいおい、すげーな…」と思うのですが、
    僕はニートになるまで、人から干渉されたことって、
    ホント記憶にありません(苦笑)

    ウチには妹いるんですが、
    僕とは違って、勉強はそんなできないけど、
    人付き合いは上手だったんですよね。

    親は「お兄ちゃんを見習って、もっと勉強しないさい!」
    みたいなことを妹に言ってるときもありました。

    でも、僕には、
    「妹を見習って、人付き合いを勉強しなさい!」
    とは言わなかったんですよね。

    毎日毎日、授業が終わったらすぐ帰って、
    部屋に引きこもってるだけなのにw

     

    しかし、大人になってから、衝撃の事実が判明するのですが、

    それは中学時代の友達と飲みに行った時のこと。

    その友達に、母はこんなグチを漏らしていたそうです。

    「だいきは誰とも遊びにも行かないし、
    1人で家にこもってるから、何か心配だわー」

    ※僕がいちばん荒んでた高校の時のハナシ

    おい、そう思ってたんなら、言ってくれ…(^_^;)

    と、今なら思いますが、
    まあ当時言われてたら「うるせー!!」
    で終わってたでしょうね(苦笑)

     

    僕の両親は、俗に言う
    「まじめ」なタイプの人間だと思います。

    なので、学校生活における、
    学業のウエイトが大きかったんでしょう。

    だからこそ、テストの点だけはそこそこ取れた僕は、
    「勉強はまじめにやる子だし、その内、人間関係も何とかなるだろう」
    と静かに見守り、淡い期待をしていたのかもしれません。

    でも、友人の話を聞いて、やっぱり心配だったんだなーと。

    だけど、人一倍甘ったれな僕が、
    自力で問題を解決できるワケなかったんですけどね…orz

     

    僕は別にマジメになりたかったワケではなく、
    本当ならみんなとワイワイしながら、
    学生生活をエンジョイしたかったです。

    人との付き合い方がわからず、
    何していいかわかんないから、
    とりあえず勉強したてだけ。

    ぶっちゃけ、あのときは、
    勉強なんかやりたくねーと思ってましたよw
    今は勉強するのってめちゃくちゃ大事って思いますが。

     

    今みたいに、自分から苦手を克服するための努力
    ってもんをすることが一切ありませんでした。

    というか、あの頃は、
    どうしたらいいか全くわからなかった。

    だからこそ、誰かが、
    「お前今のままじゃヤバいから、何とかしろよ!」
    って言ってくれる人の大切さに、ようやく気づいたんです。

    「とりあえずコンビニに行け」とかいうありがたいお言葉

    こっからは、今回のもう1人の主人公、
    さっきの大学の生徒さんの場合。
    ここからはAさん(仮名)としときましょうか。

    僕が遊び(苦笑)に行った大学は、
    専門学校で、規模もけっこう小さめだったんですよね。

    そして、生徒と教師の距離感も
    かなり近いんだそうです。

    だから、Aさんに対して先生は、
    「とりあえずコンビニでいいから寄り道しろ」
    って言ったらしいです。

    普通は「教師がそんなこと言っていいんかーい!」
    ってなるところですよね(苦笑)

     

    その時のAさんは、ウゼーと思ったかもしれません。

    だけど、内心、救われた部分もあったんじゃないかなと。

    でもそれからは、いろいろな所に立ち寄るようになって、
    大学でも交友関係が豊かになったそうです。

    最終的に、1人でメイドカフェに突っ込める、
    鋼のようなメンタルを身に着けたらしいw

    世話を焼いてくれる人がいるっていいことだと思う

    実際のところ、Aさんの気持ちはわからないけど、
    僕だったら、こんな風に言われたら、
    かなりありがたかったと思います。

    誰もこうやっておせっかい焼いてくれる人いなかったから。

    中には、自分本位で、
    しょーもないおせっかいしてくる人もいますが(苦笑)、
    今回の例みたいに、相手のことを思っておせっかいをするのは、
    いいことじゃないかなと、僕は思います。

     

    なので、僕もこれからは、必要なときは、
    おせっかいしてやりたいなと。

    まあさじ加減は難しいですけど…

    よくよく考えてみれば、このブログやメルマガもある意味
    おせっかいみたいなもんかもしれませんね(苦笑)

    こういう働き方もあるんだぞー、とか、
    俺はこんな考え方で生きてる、とか、
    アレコレ言ってるしw

    そんな僕のおせっかいが、
    何か新しい一歩を踏み出すキッカケにでもなれば、嬉しいです。

     

    あっ、余談なんですが、
    大学卒業したAさんは、干渉されることが無くなり、
    ニートになってしまったそうです…

    今はどうしてるかはわからないそうですが、
    まだニートだったら、このブログを読んで欲しいな。

     

    読んでいただき、ありがとうございました。

    ______________________________________________________________________________

    僕はアフィリエイトで月収40万を稼ぎ、
    自由な時間も得ることができましたが、
    もともとはただのコミュ障ニートです。

    仕事もできなかったし、コミュニケーションもすごく苦手でした。

    そんな何をやってもダメダメだった僕が、
    なぜネットビジネスで稼げるようになったのか?

    メルマガではそのヒミツをより詳しくお伝えしています。

    詳細については下の画像をクリック↓

    merumaga

    関連記事

    1. この記事へのコメントはありません。

    1. この記事へのトラックバックはありません。

    プロフィール

    prof1

    Author:だいき

    二次元・ファッションをこよなく愛する元ニート。そして重度のコミュ障(今はだいぶマシになった)。

    • 高校時代に友達0人のぼっちライフを満喫
    • 大学の卒業研究を二度ほどバックレる
    • 就職活動は全落ち(そもそもやる気ない)
    • 仕事での人間関係に病んでニートになる

    などなど、典型的ダメ人間エピソード多数。

    あまりに社会不適合過ぎたので、まともに働くことはあきらめ、超アヤシイと思いつつも、生きるための選択肢が他に無かったのでアフィリエイトに挑戦。

    数々の挫折を経験しながらも、約1年半後に月20万円稼ぐことに成功。

    今は自分の学んできた経験や知識を活かし、自己成長しながら自分の人生を自由に生きる仲間を作るための活動中。

    詳しいプロフィールと理念についてはコチラ↓

    だいきのプロフィール&理念

    だいきのぶっちゃけ人生レポート

    僕の残念人生を振り返りながら、ネットビジネスで稼ぐまでの道のりをレポートにしてみました。

    コレを読めば、僕の人となりとか成功の秘訣とかがほぼ全てわかるかと。

    jinseigyakutenrepo

    おすすめ教材

    osusumekyouzai

    初心者講座

    「アフィリエイトやってみたいけど、何からやったらいいかわからん…」という場合は、まずコチラをどうぞ。

    syosinsyakouza

    おすすめ漫画

    僕の好きなマンガまとめました。

    よかったら読んでみてください。

    comic

    Blog Ranking

    LINE@

    友だち追加数

    Twitter

    お問い合わせ

    質問・相談などあればこちらから↓

    mail