もし女子高生がコピーライティングの『4つのNOT』を使ったら

    この記事は5分で読めます

    mosiyon

    今回は、ネットビジネスのセールスレター
    (あの長っぴろい1カラムのページ)でおなじみ、
    コピーライティングの「4つのNOT」について話していきます。

    もともとは「3つのNOT」だったんですよね。
    だけど今は4つになったという…

    ふつうにまとめてもつまらんので、
    今回は女子高生が話してそうな会話を例に、
    この4つのNOTを紹介していきます。

    タイトルはお察しの通り、
    「もし○ら」をパク…じゃなくて、参考にしてます(笑)

    4つのNOTとは?

    そもそも4つのNOTが何なのかよくわからない。
    というあなたのために、まずはマジメに解説しておきます。

    動画の途中でヘッドセットが電池切れしそうで、
    ピコピコなってるけどスルーして下さい(苦笑)

     

    コピーライティングの「4つのNOT」とは、

    1. NOT OPEN:開かない
    2. NOT READ:読まない
    3. NOT BELIEVE:信じない
    4. NOT ACT:行動しない

    という商品を売るための4つの障壁のことです。

    これはブログでも、メルマガでも、セールスレターでもいっしょ。

    この4つを超えないことにはどうしようもないんですね。

    では、一つずつ解説していきます。

    NOT OPEN:開かない

    めちゃくちゃ気合入れて作った
    メルマガやブログを開封すらしてくれない…

    これが一つ目の壁、「NOT OPEN(開かない)」です。

    たまに、自分が一生懸命書いた記事だから、
    絶対に読んでもらえると思っている人がいますが、
    これはまずありません。

    基本読んでもらえないものとして、
    考える必要があります。

    具体的な対策としては、

    • SEOで検索上位に入る
    • SNSで投稿する
    • 魅力的なタイトルをつける

    とかですね。

    まずは読ませるための工夫が必要です。

    そもそも読まれなきゃ、何も始まらないので、
    この開かないという壁を乗りていきましょう。

    NOT READ:読まない

    メールを開いてくれたけど、
    最後までしっかりと読んでくれなかった。

    それがNOT READ(読まない)の壁です。

    「開封してくれたら、ちゃんと読むんじゃないの?」
    と思うかもしれませんが、そんなことありません。

    とりあえず開いて、サーッと流し読みして、
    つまらないと思われれば、読んでもらえません。

    なので、本文もしっかりと読ませる工夫が超重要です。

    例えば、改行を使ったりして読みやすくするとか、
    相手に伝わるようにわかりやすく伝えるとか、
    感情を動かす文章を書くとか。

    こんな風に、読ませるために、
    いろいろなことを考えなきゃいけません。

    NOT BELIEVE:信じられない、理解できない

    一通り読んでもらえたけど、やっぱり信じてもらえない。

    その段階がこのNOT BELIEVE(信じられない)の壁。

    ここでは、客観的なデータ、
    (証拠画像や口コミなど)を用いて、
    客観的な根拠を上げられると信ぴょう性が高まりますね。

    こういう証拠が用意できる場合は、
    積極的に使うようにしましょう。

    とか言いつつ、僕はぜんぜん使ってませんが(苦笑)

    アドセンスって、報酬画像とか載せるの規約違反なんすよね…
    だから使えないってのが正しいのですが。

    たまにアドセンスの画像載せてる人いるけど、
    アレ本当はダメですからね。

    特にアドセンス系はいろいろ厳しいので、
    変なところでアカウント停止くらわないよう
    細心の注意を払いましょう。

    NOT ACT:行動しない

    最後にNOT ACT(行動しない)の壁。

    確かに、言ってることは信用できそうだけど、
    結局行動まではしてくれない。

    この最後の行動に移してくれない人は多いです。

    これはネットビジネス始めた後もよくあります。

    やる気はあるけど行動しない。

    つまり、実際に行動に移すのって、
    かなりエネルギーがいることなんですよね。

    「人は行動できない生き物である」
    という認識を持っておきましょう。

    だから、「登録はこちら」とか「購入はこちらから」みたいな
    やたらでかいボタンをどのページもつけているワケです。

    あそこまでデカデカとあったら、
    「ここを押せばいいのか」ってすごいわかりやすいから。

    これがもし超ちっさいボタンとかだったら、
    よほどのマニアでもない限り、誰も押してくれません(苦笑)

    行動のハードルを下げてあげる。
    これがとても大切です。
    自分のモチベーション上げる時もそうですね。

    「モチベーション出ねーわー」という人は、
    やる気を出してければ、僕の企画に参加して下さい↓

    モチベの飼い方 -気難しいモチベーションを飼いならそう!-

    モチベーションを上げるために、姿勢、食事、思考など、
    様々な角度からアプローチしていく、実践型重視の企画です。

    モチベを本気で上げたいと思ってる人にオススメ。
    よかったらどうぞ。

    JK(女子高生)が『4つのNOT』を使うとこうなる

    では、今回のメイン「もしヨン」。
    (良い略し方が思い浮かばなかった…苦笑)

    テーマは「告白」。

    A子は、大好きな先輩に告白したい。
    でも、なかなか告白する勇気が持てない。

    親友のB子に告白する勇気をもらうために、
    A子はB子にさりげなく相談する…

    というのが今回のシチュエーション。

    A子とB子のイメージ↓

    akobko

    「4つのNOTと何が関係あるんだよ!?」
    と思うかもしれませんが、ちゃんと関係があります。

    A子はB子に対して、「告白する勇気をもらう」
    というオファーをしているんです。

    オファーって言うと、商品を売るためだったり、
    新しい仕事の提案とかだと思われがちですが、
    基本、誰かに何かお願いするのは全てオファーと考えられます。

    人にお願いする時は、常にこの「オファーする」
    という感覚を持って、どうしたらこの人は思い通りに動いてくれるだろう?
    と考えることで、ビジネス力も鍛えられます。

    つまり、交渉術のことですね。

    何だか人を操っているみたいで、
    怖いと思うかもしれませんが、
    相手のためを思って行動させることは、
    別に悪いことでも何でもありません。

    それで相手に良い影響与えられるワケですから。

    お客さんをより良い方向へ、導いてあげるのがビジネスの基本。
    つまり価値を提供するってことですね。
    ぜひ、このオファーの感覚を常に意識してみてください。

    さて、話しが飛んでかないように、
    オファーの話は、この辺にしときましょう。

    では、物語の始まり始まりー。

    ~NOT OPENの場合~

    A子
    「私○○先輩のことが気になってるんだよね…
    だから告白しようと思ってるの。
    でもなかなか勇気が出なくて…
    ねぇB子。どうしたらいいかな?」

    B子
    「え?そんなの自分で考えなよ…」

    A子
    「(B子、そんなのあんまりだよ…(泣)」

    これがNOT OPENの場合。
    この場合は開かないっていうより、
    先輩のことも、A子のこともどーでもいい。
    つまり興味ナシって感じ。

    親友としてどーなのよ!?
    という話はとりあえず置いといて下さい(苦笑)

    4つのNOTに当てはめているだけなので。

    ※ふだんはとっても仲良しなコンビですので、安心してください。

    ~NOT READの場合~

    A子
    「私○○先輩のことが気になってるんだけど~(以下略)」

    B子
    「ああ、○○先輩?別にいいんじゃない?」

    A子
    「うん、そうかな…。ありがと…」

    NOT READは一応話を聞く気にはなったけど、
    結局興味を持てなくて、そっけない返事のB子。

    これもオファーは失敗ですね。

    ~NOT BELIEVEの場合~

    A子
    「私○○先輩のことが~(以下略)」

    B子
    「○○先輩って確かに顔はカッコいいよね。
    でも超チャラいってウワサだよ。
    だから止めときなって…」

    A子
    「え?うん…。じゃあやめとく…
    (見た目はチャラいけど、ホントは良い人なのに…)」

    NOT BELIEVEの場合、
    ちゃんと話は聞いてくれてるんだけど、
    相手の先輩のことがどうしても信用できない。

    だから、友達のためを思って引き止めるB子。
    ようやく親友として、まともになってきましたね(苦笑)

    でも、「告白する勇気をもらう」
    というオファーに関しては、まだまだ成約ならず。

    ~NOT ACTの場合~

    A子
    「私~(以下略)」

    B子
    「○○先輩かー。確かに爽やかだし性格も良さそうだよね!
    でも、あれだけカッコ良くて性格良かったら、相当モテるんじゃない?
    告白してもかなりキビしくない?」

    A子
    「やっぱりそうかな。う~ん…」

    これがNOT ACT。

    先輩は良い人だと信じてもらえたけど、
    「告白の後押し」まではしてもらえなかった。

    でもいいところまでは行ってます。
    あとひと押しですね。

    ~全てのNOTを乗り越えた場合~

    A子
    「私~(以下略)」

    B子
    「そっか!先輩すごく人気だけど、A子ならいけるよ!
    がんばって勇気だして告白してきな!」

    A子
    「B子ありがとう!おかげで勇気が出たよ!
    今から告白してくる!」

    告白の結果はどうあれ、
    告白するための勇気をB子からもらうことができました。

    これが4つのNOTを乗り越えて、
    オファーが成立した時の場合。

    こうやって、よくある日常生活の会話を切り取って、
    コピーライティングを勉強すると、
    ふつうに勉強するよりはずっと楽しく学べるかと思います。

    やっぱり受験みたいな
    ひたすら詰め込む勉強はつまらんのでね。

    ぜひ自分の生活の中で、
    この4つのNOTを乗り越える訓練をしてみてほしいなと。

    交渉術ができると、ビジネスはかなり上手く行くので。

    でも、おっさんが
    女子高生の会話を考えるのはキツかった…

     

    読んでいただき、ありがとうございました。

    ______________________________________________________________________________

    僕はアフィリエイトで月収40万を稼ぎ、
    自由な時間も得ることができましたが、
    もともとはただのコミュ障ニートです。

    仕事もできなかったし、コミュニケーションもすごく苦手でした。

    そんな何をやってもダメダメだった僕が、
    なぜネットビジネスで稼げるようになったのか?

    メルマガではそのヒミツをより詳しくお伝えしています。

    詳細については下の画像をクリック↓

    merumaga

    関連記事

    1. この記事へのコメントはありません。

    1. この記事へのトラックバックはありません。

    プロフィール

    prof1

    Author:だいき

    二次元・ファッションをこよなく愛する元ニート。そして重度のコミュ障(今はだいぶマシになった)。

    • 高校時代に友達0人のぼっちライフを満喫
    • 大学の卒業研究を二度ほどバックレる
    • 就職活動は全落ち(そもそもやる気ない)
    • 仕事での人間関係に病んでニートになる

    などなど、典型的ダメ人間エピソード多数。

    あまりに社会不適合過ぎたので、まともに働くことはあきらめ、超アヤシイと思いつつも、生きるための選択肢が他に無かったのでアフィリエイトに挑戦。

    数々の挫折を経験しながらも、約1年半後に月20万円稼ぐことに成功。

    今は自分の学んできた経験や知識を活かし、自己成長しながら自分の人生を自由に生きる仲間を作るための活動中。

    詳しいプロフィールと理念についてはコチラ↓

    だいきのプロフィール&理念

    だいきのぶっちゃけ人生レポート

    僕の残念人生を振り返りながら、ネットビジネスで稼ぐまでの道のりをレポートにしてみました。

    コレを読めば、僕の人となりとか成功の秘訣とかがほぼ全てわかるかと。

    jinseigyakutenrepo

    おすすめ教材

    osusumekyouzai

    初心者講座

    「アフィリエイトやってみたいけど、何からやったらいいかわからん…」という場合は、まずコチラをどうぞ。

    syosinsyakouza

    おすすめ漫画

    僕の好きなマンガまとめました。

    よかったら読んでみてください。

    comic

    Blog Ranking

    LINE@

    友だち追加数

    Twitter

    お問い合わせ

    質問・相談などあればこちらから↓

    mail