睡眠の重要性!仕事の質を上げたいならちゃんと寝よう!

    この記事は3分で読めます

    suimin

    寝なくてもバリバリ動ける体になりたい!!

    そう思ったことはないでしょうか?

    僕はあります。

    そうすれば、好きにできる時間が増えたようなもんですからね。
    マンガやアニメが見放題…(苦笑)

    僕が短時間睡眠に憧れる理由は、
    好きなことする時間を増やしたいから、という若干不純な理由でしたが、
    動機は何であれ、活動時間を長くしたい方は多いはずです。

    特に、仕事をするために、
    あまり眠れないという人は、切実な願いだと思います。

    しかし、ほとんどの方には、
    睡眠時間を削るというのは、あまりオススメできません。

    やってみたらわかると思いますが、
    ホントにキツいです(^_^;)

    続けたら、絶対にぶっ倒れる自信あります(苦笑)

    今回は、睡眠の重要性と、
    仕事の質を上げるための睡眠の取り方について、
    話していこうと思います。

    だいきの3時間睡眠体験談

    僕が就活をしていた当時、
    自分磨きだと思い込んで(苦笑)、自己啓発書を
    読み漁っていた時期がありました。

    その時に、「3時間睡眠で成功する!」的な本があったワケですよ。

    それを見た僕は、確かにできたら、なんかスゴそう…!
    と興味を持ち、さっそく試してみることに。

     

    2日目くらいまではすごく順調で、
    時間を有意義に使えてるかのような感覚に酔いしれていました。

    しかし、3日目ごろから、起きてる間中、とにかく眠い…

    もう頭がはたらくということは一切なく、
    一日中ボーッとしてるような感じでした。

    これを乗り切れば、自分は変われるんだと、
    ムリして頑張ってみたところ、一週間立った頃には、
    もうフラフラでした。

    それで耐え切れなくなり、諦めて、元の睡眠時間に戻しましたとさ…

     

    ちょっと考えればわかることかもしれませんが、
    短時間睡眠ができるのは、恵まれた素質を持った人だけです。

    たいていは僕みたいにすぐ脱落するでしょう。

    1週間とか短い期間なら、影響はあまり出ないかもしれませんが、
    習慣化するとなると、必ずどこかで倒れる日が来ると思います。

    だから、絶対にやらない方がいいですよ。

    本当に仕方のない時だけ限定にしておきましょう。

    自分に最適な睡眠時間を見つける

    僕がショートスリーパー体験を通して学んだことは、
    「それぞれに合った睡眠時間を見つける」ということです。

    人には個人差があるように、適切な睡眠時間も人それぞれです。

    3時間でいい人もいれば、12時間眠らないとダメな人もいる。
    (現実的に12時間も寝れる人はごくわずかだと思いますが…)

    この最適な時間を見つけることが、
    頭のはたらきをベストにするためにも、とても重要だと気づいたのです。

     

    これは自分自身でいろいろ探っていくしかないですが、
    たいていは7~8時間寝るのがいいという人が多いでしょう。

    僕もだいたいこのぐらいがちょうどいいですね。
    頭が非常にスッキリして、仕事もスムーズにこなせます。

    寝過ぎると頭が痛くなるし、短すぎると眠くて何も考えられなくなるので、
    自分に最適な睡眠時間を意識してみてください。

    十分に寝れない人は『質』にこだわろう

    とは言っても、忙しい現代社会では、
    ちゃんと自分に合った睡眠時間の確保が難しい方も多いですよね。

    そういう人たちにオススメしたいのは、
    睡眠の『質』を上げるということ。

    僕がやっているものを挙げると、

    • 寝具を変えてみる(ベッドや枕など)
    • 寝る前にパソコンやスマホを見ない
    • 耳栓やアイマスクをして、睡眠時の刺激を抑える

    などですね。

    こうやってちょっと就寝環境をちょっと変えるだけで、
    同じ時間眠ったとしても、朝の目覚めがだいぶ違うということがあります。

     

    特に寝具は大事ですね。

    僕も寝具にこだわりだしたのは、けっこう最近のことですが、
    やっぱり質の良いもので寝ると、かなり違います。

    ただ、値段が高けりゃいいってものでもないので、
    そこが難しいところですが…(^_^;)

    人生の1/3は寝ていることになりますから、
    やっぱり寝具にこだわるのは価値があると思います。

    ぜひあなたも、できる範囲で、寝る時の環境を改善してみてください。

    眠りを大切にすることで仕事も上手くいく

    睡眠は体だけでなく、脳や精神を休める大切な時間です。

    どうしてもやらないといけないことがある場合を除いて、
    しっかり眠った方が仕事にも良い影響をもたらします。

    僕の場合は、1日夜更かしするだけでもかなり思考力が落ちるので、
    その恩恵は非常に高いです。

    アフィリエイトは頭を使う仕事なので、
    考えがうまくまとまらないと、どうにもならないですからね…

     

    あなたがもし、仕事のパフォーマンスを高めたいというなら、
    まずは睡眠をもっと大事にしてみてください。

    朝起きた時に疲れが取れていなかったり、
    頭が重たく感じるような人は特に。

    ついつい夜遅くまでテレビを見たり、
    ネットサーフィンなんかしてませんか?

    そういう時間があるなら、その時間を睡眠に充てましょう。

    まとめ

    今回のまとめは、
    とにかくちゃんと寝よう、ってことです(笑)

    時間をかけて、夜遅くまで仕事してもいいですが、
    睡眠をしっかりとって、頭のはたらきを良くして、仕事の効率を上げる、
    という部分にフォーカスしてみてはいかがでしょうか?

    時間をかければかけた分だけ、良いものができるというのは間違いです。

    むしろ、集中して一気に作ったものの方が、
    良い仕上がりになるなんてことはよくあります。

    限られた時間の中で、最高のものを作り出すために、
    まずは睡眠に対する意識を変えてみてください。

     

    読んでいただき、ありがとうございました。

    ______________________________________________________________________________

    僕はアフィリエイトで月収40万を稼ぎ、
    自由な時間も得ることができましたが、
    もともとはただのコミュ障ニートです。

    仕事もできなかったし、コミュニケーションもすごく苦手でした。

    そんな何をやってもダメダメだった僕が、
    なぜネットビジネスで稼げるようになったのか?

    メルマガではそのヒミツをより詳しくお伝えしています。

    詳細については下の画像をクリック↓

    merumaga

    関連記事

    1. この記事へのコメントはありません。

    1. この記事へのトラックバックはありません。

    プロフィール

    prof1

    Author:だいき

    二次元・ファッションをこよなく愛する元ニート。そして重度のコミュ障(今はだいぶマシになった)。

    • 高校時代に友達0人のぼっちライフを満喫
    • 大学の卒業研究を二度ほどバックレる
    • 就職活動は全落ち(そもそもやる気ない)
    • 仕事での人間関係に病んでニートになる

    などなど、典型的ダメ人間エピソード多数。

    あまりに社会不適合過ぎたので、まともに働くことはあきらめ、超アヤシイと思いつつも、生きるための選択肢が他に無かったのでアフィリエイトに挑戦。

    数々の挫折を経験しながらも、約1年半後に月20万円稼ぐことに成功。

    今は自分の学んできた経験や知識を活かし、自己成長しながら自分の人生を自由に生きる仲間を作るための活動中。

    詳しいプロフィールと理念についてはコチラ↓

    だいきのプロフィール&理念

    だいきのぶっちゃけ人生レポート

    僕の残念人生を振り返りながら、ネットビジネスで稼ぐまでの道のりをレポートにしてみました。

    コレを読めば、僕の人となりとか成功の秘訣とかがほぼ全てわかるかと。

    jinseigyakutenrepo

    おすすめ教材

    osusumekyouzai

    初心者講座

    「アフィリエイトやってみたいけど、何からやったらいいかわからん…」という場合は、まずコチラをどうぞ。

    syosinsyakouza

    おすすめ漫画

    僕の好きなマンガまとめました。

    よかったら読んでみてください。

    comic

    Blog Ranking

    LINE@

    友だち追加数

    Twitter

    お問い合わせ

    質問・相談などあればこちらから↓

    mail